イベントセミナー紹介 - 日本アロママイスタースクール

06-6341-0200

リンパマッサージについて

こんにちは!日本アロママイスタースクール神戸校の岡本です。

 

リンパマッサージと聞くとどんなイメージですか?

強くて痛いイメージですか?優しいソフトなイメージですか?

大抵この質問すると、半々ぐらいに意見が分かれるんですよね。

 

医療行為ではなくリラクゼーションとして私たちセラピストが行うものは

リンパトリートメントという表現になるのですが、

そのもの自体、

様々なアプローチ法や考えに基づいて、行う順番はもちろんのこと、圧の加減も

泣きたくなるぐらいの痛い強さでガシガシ全身を流していくものや

本当に触れているかどうか分からないほどの軽い圧で流していくもの…など多種多様で

「そもそもリンパトリートメントって、どんなもの?」

と分からなくなっている方も多いかと思います。

 

身体の皮膚のすぐ下の浅層に流れるリンパを流すのであれば、

本当にさする程度の圧で全身を流さないと意味がない…、

内臓やインナーマッスルといった身体の深層に流れるリンパを意識するなら

深い圧を加えていかないと意味がない…

 

など、リンパを流す施術として教えているスクールの中でも

色々な見立てをして行っておりどれも間違いではなく目的の違いだと思うのです。

 

ただ、大事なのは教えられた通りの手順や圧加減を

セラピストとして受ける側の身体の状態や心理を見て行っているのかどうか…。

 

ガンガン強い刺激で行うことを教えられたからといって、

受け手の身体の表面温度が上がっていない状態で行ってしまうと

リンパの流れどころではなく皮膚を痛めるだけで、また痛いという心理からも

筋肉が硬直してしまいなかなか緩んでもらえず逆効果…。

その逆もしかりで、さする程度の圧でリンパをしっかり流していったとしても

普段からガンガン強い刺激を好みとして受けている方によっては、終始イライラが積もり

身体よりも気持ちがスッキリしない感じだけが残る…などなど

 

効果と同じくらい受ける方の好みに左右されるのがこのリラクゼーションの世界での

あるあるだと思います。

 

そんな様々な受け手の反応があるからこそ

JAMはあらゆるニーズに合わせることが出来るようにと、

リンパトリートメントとしてアプローチの異なるものを

3種類作りました。

 

まずは、

手掌の密着感を最大限に、優しい圧加減で浅層リンパを流していく

癒し効果抜群な『アロマトリートメント』、

 

リンパを流す前に、まずは筋肉の凝りをツボで取り除いて

筋肉の動きを良くしてからリンパを流しましょう!という

筋肉が動くことで流れるリンパの特性に注目した『漢方リンパ』、

 

ストレッチで筋肉の動きを整えて、

手掌以上に広い腕を用いて皮膚の温度を一気に上げてから

リンパを効果的に流して代謝機能も高める『バリニーズ』

 

…と、

リンパという観点からそれぞれ説明させて頂きましたが、

それ以外にもあらゆる魅力が盛り沢山なコースになってます!

 

それぞれコースの特徴に応じて、受け手にその日の体調、気分に合わせて

選んでもらえるのも魅力の一つです♪

 

リンパという観点で特化したオイルトリートメントに興味ある方は是非

大阪、神戸、東京ともそれぞれのコース体験を随時行っておりますので

お問い合わせして下さいね。

 

~アロマで就職・開業・資格が目指せるスクール~

日本アロママイスタースクール 大阪梅田・神戸三宮・東京新宿校

http://refle-tbc.com/

2017-09-12 08:55:00

アロママイスターコース

 
Copyright(C) 2016 refle-tbc.com All Rights Reserved. お問合せ