IFPA国際プロフェッショナルアロマセラピスト資格とは?|日本アロママイスタースクール

日本アロママイスタースクール

日本アロママイスタースクール(JAM)からの
最新情報

IFPA国際プロフェッショナルアロマセラピスト資格とは?


  • IFPA国際プロフェッショナルアロマセラピスト資格とは?をはてなブックマークに追加

IFPAが認定する高水準の訓練をし、高度な知識を身につけたアロマセラピーのプロフェッショナルです。

IFPA国際プロフェッショナルアロマセラピスト資格

IFPAとは?
IFPAは、英国におけるアロマセラピーのプロとして1980年代から第一戦で活躍している実績を持つ、トップアロマセラピストが数多く在籍する協会です。優秀なアロマセラピストの育成と支援を行っています。

IFPA国際プロフェッショナルアロマセラピスト資格とは?
IFPAはアロマセラピー専門の協会として、プロのアロマセラピストの育成と支援を行う英国最大の組織です。高度なアロマセラピー教育の提供により、世界の多くの国において、認定校を通じ優秀なアロマセラピストの育成と支援を行っています。クリニカルアロマセラピー分野のさまざまな側面において優れた実績を誇る国際組織です。IFPA会員は、IFPAが認定する高水準の訓練をし、高度な知識を身につけたアロマセラピーのプロフェッショナルです。IFPA会員の質の高い教育や世界規模のフォーラムを会員に提供することで、世界のアロマテラピー水準に大きな影響力を持ち続けています。世界各国のクリニカルアロマセラピストが高い技能を身に付け、人間の健やかな心身を大切にする強い信念を基盤とし、アロマセラピーの発展と普及に貢献しています。

IFPA国際プロフェッショナルアロマセラピスト資格とはどのような勉強をするの?
IFPAの会員資格を得るには、まずIFPA認定校でアロマセラピーについての授業を受講する事になります。全日程のカリキュラムを完了すると、IFPA認定試験の受験資格が与えられ、その試験に合格すると、会員資格を得る事ができ、IFPAアロマセラピストとして活動する事ができます。

■解剖生理学・病理学 65時間
■アロマセラピー実技 80時間
■アロマテラピー理論 70時間
■その他ビジネススタディ等 35時間

合計250時間以上

これに加えて60ケーススタディと試験が含まれ、その他400時間程度のホームスタディも必要となってきます。IFPAの試験に合格するまでの期間は1年半~2年程度の期間が必要となります。アロマの知識だけでなく、あらゆる分野の知識が必要となります。



---------------------------------
日本アロママイスタースクール(JAM)は、
一般社団法人国際ボディトリートメント技術認定協会IBCA
公益社団法人日本アロマ環境協会AEAJ の認定スクールです。
インストラクター、セラピストの資格取得が目指せます。
当スクールの「リンパ」+「アロマ」+「漢方」の稀少性が高い技術は、
多くのサロンで支持されています。
癒しサロンで活かせる技術を身に着けませんか?

日本アロママイスタースクール 講座一覧

スクールのことをもっと詳しく知りたい方は

  • 無料説明会&施術体験はこちらから無料説明会&施術体験はこちらから

    無料説明会&施術体験に申し込む

  • 1分でできる!資料請求はこちらから1分でできる!資料請求はこちらから

    資料請求に申し込む

お電話でのお問い合わせはこちらから

大阪梅田本校

0120-976-928

受付時間 : 11:00-20:00(火曜日休校)

神戸三宮校

0120-928-329

受付時間 : 11:00-20:00(火曜日休校)

新宿校

0120-900-914

受付時間 : 11:00-20:00(火曜日休校)