鼠蹊部リンパのつまりを取るリンパマッサージの方法とは?|日本アロママイスタースクール

日本アロママイスタースクール

日本アロママイスタースクール(JAM)からの
最新情報

鼠蹊部リンパのつまりを取るリンパマッサージの方法とは?


  • 鼠蹊部リンパのつまりを取るリンパマッサージの方法とは?をはてなブックマークに追加

リンパは流れる方向が決まっているのでマッサージの順番が大切となります。

鼠蹊部リンパのつまりを取るリンパマッサージの方法

下半身太り、むくみ、冷え、セルライト・・・など様々な原因となってしまう鼠径部リンパのつまり。
リンパを流す必要性から、鼠径部リンパのつまりをとる効果的なリンパマッサージ方法をまとめてみました。

鼠径部リンパマッサージを行うとどんな効果があるの?
まず鼠径部とは左右の太もものつけ根にある溝で囲まれた三角形の部分のことで、人間の体の中に張り巡らされているリンパ管が集まる「鼠径リンパ節」があります。リンパ管にはリンパ液という、体内にたまった老廃物を集めるための液体が流れていて、リンパ液に集められた老廃物はリンパ節でろ過され、体外へ排出されます。リンパの流れが悪くなると老廃物がなかなか排出されなくなり、水分もたまってしまうので、いろいろな体の不調の原因となります。
鼠径部リンパマッサージでは、鼠径部のリンパの流れに沿って、手で皮膚を押しながらさするようにしてリンパ液を押し流すことによって、鼠径リンパ節周辺のリンパの流れが良くなり、身体全体のリンパの循環もスムーズになる効果があります。

鼠径部リンパのつまりを取るリンパマッサージを行う前に
せっかくなら効果的なマッサージを行いたいですよね。マッサージの効果を高めるポイントは以下の3つです。
①コップ1杯の水を飲み、リンパの濃度が薄まり流れが良くしましょう!
②入浴中、入浴後に行い、体が温め血行が良くなるため、マッサージを行うのに最適です。
③リラックスした状態で行うために、音楽、アロマなどでリラックスできる環境を作るとリンパが緩み、マッサージの効果が上がります。是非試してみて下さいね♪

鼠径部リンパのつまりを取るリンパマッサージの方法
リンパは流れる方向が決まっているのでマッサージの順番が大切となります。鼠径部をマッサージする場合でもまずは、リンパの最終出口となる鎖骨をほぐすことから始めましょう。それから「腹部→鼠径リンパ節~太もも→膝下リンパ節~ふくらはぎ~足首」の順でマッサージを行います。


-----------------------------------
日本アロママイスタースクール(JAM)は、
一般社団法人国際ボディトリートメント技術認定協会IBCA
公益社団法人日本アロマ環境協会AEAJの認定スクールです。
インストラクター、セラピストの資格取得が目指せます。
当スクールの「リンパ」+「アロマ」+「漢方」の稀少性が高い技術は、
多くのサロンで支持されています。
癒しサロンで活かせる技術を身に着けませんか?

日本アロママイスタースクール 講座一覧

スクールのことをもっと詳しく知りたい方は

  • 無料説明会&施術体験はこちらから無料説明会&施術体験はこちらから

    無料説明会&施術体験に申し込む

  • 1分でできる!資料請求はこちらから1分でできる!資料請求はこちらから

    資料請求に申し込む

お電話でのお問い合わせはこちらから

大阪梅田本校

0120-976-928

受付時間 : 11:00-20:00(火曜日休校)

神戸三宮校

0120-928-329

受付時間 : 11:00-20:00(火曜日休校)

新宿校

0120-900-914

受付時間 : 11:00-20:00(火曜日休校)