リフレクソロジーの反射区について解説|日本アロママイスタースクール

日本アロママイスタースクール

日本アロママイスタースクール(JAM)からの
最新情報

リフレクソロジーの反射区について解説


  • リフレクソロジーの反射区について解説をはてなブックマークに追加

リフレクソロジーの反射区について解説

リフレクソロジーの反射区について解説

リフレクソロジーの反射区について解説とは、人気の高いリラクゼーションであるリフレクソロジー。その反射区について分かりやすく解説したものをまとめました。
リフレクソロジーって何?
リフレクソロジーとは、Reflex(リフレックス)+Logy(ロジー)を合わせた造語で、それぞれ「反射」「学問」と直訳されます。つまり反射学を基に身体を整えていく「反射療法」という意味の施術法をリフレクソロジーとよびます。 しばしばリフレと略されてよばれることもあります。

反射区とは?
それでは、反射区とは一体どんな物なのでしょうか。反射区とは足の裏や側面などに配置されており、それぞれ体の様々な部位に対応しています。例えば「胃」の反射区を刺激することにより、直接胃に触れなくても遠隔的に胃に刺激を与える事が出来るのです。また、反射区は面で存在しています。混同されやすいですが、点で存在している東洋医学でいうところのツボとは異なります。

英国式と東洋式、どう違う?
英国式のリフレクソロジーは痛み=ストレスと捉えられている欧米で主流になっている方式で、あまり力をかけずに優しいタッチで施術します。関節ではなく指の腹を使うのも特徴です。
一方、東洋式・台湾式・中国式と呼ばれるものは痛みを感じる部分はそれだけ疲れているという捉え方をします。なのでしっかりと圧をかけてほぐす事で活性化させて体を整えていきます。棒や関節を使って力強く施術するのが特徴です。首から上の反射区が左右で交差しているのも東洋式の特徴です。
どちらが優れているというわけではありませんので、受けられる際はタッチの好みで選ぶと良いでしょう。

足ツボとの違いは?
巷のリラクゼーションサロンでよく見かける「足ツボ」の看板。これも実際やっているのはリフレクソロジーであることが多いです。
東洋医学では体中に川の流れのように12本の経絡が張り巡らされていると考えられています。その経絡上に存在する経穴とよばれる点がツボです。先ほども少し説明しましたが、面で存在する反射区とは違います。
ちなみに、リフレクソロジーでは10本の垂直なエネルギーラインをもとに構成されています。
足の裏にはツボは2点しか存在しておらず、本当に「足ツボ」だけを刺激するのであればトリートメントとしては物足りないかもしれません。

反射区を上手に活用する!
反射区を刺激するリフレクソロジーは、遠隔的に体の機能を活性化するには最適の方法です。全身を触らなくても足先だけで体中の血流が良くなったり、弱った体の機能を高めることが出来ます。何より手軽に受けれるのが魅力です。
サロンに受けに行ったり、反射区を覚えて自分で施術をしたり…
手軽に行えるケアで、日々の疲れを溜めないようにすることが健康な体を維持する秘訣です。
是非活用してみてはいかがでしょうか?

-----------------------------------
日本アロママイスタースクール(JAM)は、
一般社団法人国際ボディトリートメント技術認定協会IBCA
公益社団法人日本アロマ環境協会AEAJの認定スクールです。
インストラクター、セラピストの資格取得が目指せます。
当スクールの「リンパ」+「アロマ」+「漢方」の稀少性が高い技術は、
多くのサロンで支持されています。
癒しサロンで活かせる技術を身に着けませんか?

リフレクソロジー講座

日本アロママイスタースクール 講座一覧

スクールのことをもっと詳しく知りたい方は

  • 無料説明会&施術体験はこちらから無料説明会&施術体験はこちらから

    無料説明会&施術体験に申し込む

  • 1分でできる!資料請求はこちらから1分でできる!資料請求はこちらから

    資料請求に申し込む

お電話でのお問い合わせはこちらから

大阪梅田本校

0120-976-928

受付時間 : 11:00-20:00(火曜日休校)

神戸三宮校

0120-928-329

受付時間 : 11:00-20:00(火曜日休校)

新宿校

0120-900-914

受付時間 : 11:00-20:00(火曜日休校)