メディカルアロマとは?|日本アロママイスタースクール

日本アロママイスタースクール

日本アロママイスタースクール(JAM)からの
最新情報

メディカルアロマとは?


  • メディカルアロマとは?をはてなブックマークに追加

病気予防やリハビリテーションに活かすよう医療に取り入れているメディカルアロマの実態

メディカルアロマ

そもそもメディカルアロマって、どういう意味?

メディカルアロマテラピーは、その名前のとおり医療にアロマを活用することを指します。植物から抽出された精油を利用するアロマテラピーの特徴である人間の身体に生まれながらに備わっている自然治癒力を高めることを医療や介護の現場で健康増進や病気の予防などを目標として、アロマテラピーが取り入れられるようになってきています。代替医療の一環として、アロマテラピーが注目され始めています。

代替医療としてアロマテラピー

西洋医学では治りがたい病気を別の療法で治療する医学の総称を代替医療と言います。日本では、漢方や鍼灸が有名ですが、同様の効果を持つアロマテラピーが心理学的・生理学的分子レベルで心身に働きかけることから、現代では科学的にもその効果が分析され、医療現場でも代替医療として注目されており、実際に活用されています。他、代替医療には漢方医学、鍼灸マッサージなどの東洋医学、インド由来のアーユルヴェーダやヨガ、ハーブ療法、カイロプラクティック、気功、音楽療法、などがあげられます。代替医療として、アロマテラピーの活用法としても、精油の力で体を治療する「フランス式 メディカルアロマテラピー」と、マッサージやリラクゼーションを香りと組み合わせた「イギリス式 リラックスアロマテラピー」とがありそれぞれ国によって活用法が異なっております。

本場フランスやイギリスでのメディカルアロマとは

アロマテラピー発症地であるフランスでは、薬局で処方され内服として認められています。医薬品として使われる精油は、原料となる植物の栽培に農薬は一切使わないなど、国が厳しく管理しています。そして医師の処方箋をもとに、薬剤師が精油をブレンドしてくれます。また医師が精油の働きを科学的根拠に基づいて、臨床で役立てています。芳香だけにとどまらず、経口、皮膚塗布、座薬としても使われています。リラックスアロマといったリラクゼーションとしての普及が盛んなイギリスでは、精油をブレンドしたオイルでマッサージを行い心身の疲れをとったり、ストレスケア、美容ケアをしたりと役立てております。

日本でのメディカルアロマの普及

日本はかつてないほどストレス社会と言われている中で、精油は香りを嗅ぐだけでも気持ちがほっと落ち着いたり、リフレッシュできたり、ポジティブな気持ちをもたらしてくれるものなので現代社会にあった心と体の新しいケア方法として注目されています。香りが脳に伝わり人の心に作用することで、西洋医学では対応出来ないメンタル面の不調にも効果的です。他には、認知症予防や終末期ケアなど持病の予防や健康増進にも役立てることも科学的にも解明されているので、代替医療として今後もっと普及していってほしいですね!

-------------------------
日本アロママイスタースクール(JAM)は、
一般社団法人国際ボディトリートメント技術認定協会IBCA
公益社団法人日本アロマ環境協会AEAJの認定スクールです。
インストラクター、セラピストの資格取得が目指せます。
当スクールの「リンパ」+「アロマ」+「漢方」の稀少性が高い技術は、
多くのサロンで支持されています。
癒しサロンで活かせる技術を身に着けませんか?

日本アロママイスタースクール 講座一覧

スクールのことをもっと詳しく知りたい方は

  • 1分でできる!資料請求はこちらから1分でできる!資料請求はこちらから

    資料請求に申し込む

  • 無料説明会&施術体験はこちらから無料説明会&施術体験はこちらから

    無料説明会&施術体験に申し込む

お電話でのお問い合わせはこちらから

大阪梅田本校

0120-976-928

受付時間 : 11:00-20:00(火曜日休校)

神戸三宮校

0120-928-329

受付時間 : 11:00-20:00(火曜日休校)

新宿校

0120-900-914

受付時間 : 11:00-20:00(火曜日休校)