お風呂で使うとリラックスできるアロマとは?|日本アロママイスタースクール

日本アロママイスタースクール

日本アロママイスタースクール(JAM)からの
最新情報

お風呂で使うとリラックスできるアロマとは?


  • お風呂で使うとリラックスできるアロマとは?をはてなブックマークに追加

一日の疲れをリセットすることが可能なおすすめアロマは?

お風呂で使うとリラックスできるアロマとは

バスタイムのアロマテラピーの楽しみ方
癒しのリラックス効果が高まりストレス解消や疲労回復、冷え、血行促進にとても効果的です♪
お気に入りの香りや、リラックスしたいとき、リフレッシュしたいとき、くっすり眠りたいとき、胃腸を整えたいとき、心のバランスを整えたいとき、気持ちを落ち着けたいときなどなど。

半身浴、全身浴でアロマバスをするのもおススメです。少しぬるめの温度設定にし、ゆっくりつかることでリラックス効果が高まります。

蒸気が喉や鼻に入るので、風邪ひいたかな?喉が痛いな。。という時にも役立ちます。
忙しい時や、風邪気味で全身浴出来ないときは手浴、足浴がおススメです。

身体がポカポカと温まりますよ♪

リラックスにおススメの精油
リラックスしたいときは気分を落ち着かせてくれる鎮静効果の高いアロマがおススメです

●ラベンダー
●イランイラン
●カモミールローマン
●ベルガモット
●クラリセージ
●ゼラニウム

アロマバスでの使い方
リラックスしたい時は38度前後のぬるめのお湯にすると心臓にも負担をかけずに身体の芯から温めることが出来ます♪

半身浴の時は心臓の下、みぞうち辺りぐらいお湯につかり、ゆっくりとつかりましょう。
汗をたっぷりかいた後は水分補給も忘れずにして下さいね♪

直接バスタブに精油(アロマ)を入れると皮膚刺激をおこすこともあり、ヒリヒリと赤みが出たりしますので、バスソルトやバスオイル、バスボムなどにして使用して下さいね。

お塩はミネラルも豊富で疲労回復、美肌効果、デトックス効果も、保湿効果もありますのでおススメです。全身浴で5滴混ぜてバスタイムをお楽しみ下さい♪

使用する時の注意点
アロマテラピーで使う精油は水には溶けません。油には溶けますが水には溶けないためお風呂に入れても水面に浮いてしまいます。
お湯に溶けない精油は湯船に浸かった時に肌に直接ついてしまうことがあります。

敏感肌の方は痒みがでたり赤くはれたりすることがありますので、直接お風呂に入れるのは控えた方がよいでしょう。

敏感肌や小さなお子様、妊婦さんも精油の使用は控えて下さいね。
精油は必ず天然のものを使いましょう。
精油の敵数は全身浴で最大5滴までにして使用しましょう。
刺激の強い精油の使用は控えて使用しましょう。

-------------------------
日本アロママイスタースクール(JAM)は、
一般社団法人国際ボディトリートメント技術認定協会IBCA
公益社団法人日本アロマ環境協会AEAJの認定スクールです。
インストラクター、セラピストの資格取得が目指せます。
当スクールの「リンパ」+「アロマ」+「漢方」の稀少性が高い技術は、
多くのサロンで支持されています。
癒しサロンで活かせる技術を身に着けませんか?

日本アロママイスタースクール 講座一覧

スクールのことをもっと詳しく知りたい方は

  • 無料説明会&施術体験はこちらから無料説明会&施術体験はこちらから

    無料説明会&施術体験に申し込む

  • 1分でできる!資料請求はこちらから1分でできる!資料請求はこちらから

    資料請求に申し込む

お電話でのお問い合わせはこちらから

大阪梅田本校

0120-976-928

受付時間 : 11:00-20:00(火曜日休校)

神戸三宮校

0120-928-329

受付時間 : 11:00-20:00(火曜日休校)

新宿校

0120-900-914

受付時間 : 11:00-20:00(火曜日休校)