アロマテラピーで花粉症対策するにはどうしたら良いの?|日本アロママイスタースクール

日本アロママイスタースクール

日本アロママイスタースクール(JAM)からの
最新情報

アロマテラピーで花粉症対策するにはどうしたら良いの?


  • アロマテラピーで花粉症対策するにはどうしたら良いの?をはてなブックマークに追加

アロマテラピーで花粉症対策するにはどうしたら良いの?

アロマテラピーで花粉症対策

今年もそろそろ花粉が気になる季節がやってきました。 花粉症の方にとっては、鼻水や鼻づまり、くしゃみや目のかゆみなど様々な症状がとても辛い時期ですね。。。

そんなつら~い花粉症の不快な症状をスッキリさせてくれるアロマをご紹介しますね♫

植物から採られるアロマ(精油)は人の心や身体に対して、鎮静作用や鎮痛作用、強壮作用、抗ウイルス作用などいろんな働きを発揮してくれます。

花粉症対策としては、鼻やのどの不調を緩和させる去痰作用や抗炎症作用のある精油がオススメです。

まずは鼻水、鼻づまり、喉など呼吸器系をスッキリさせる「ユーカリ」
ユーカリはいくつか種類がありますが「ユーカリラディアータ」は作用が穏やかで刺激も少なくお子さんからお年寄りまで使いやすい精油です。
痰を切りやすくし、スーッとする香りが鼻の通りをよくしてくれます。
また空気を清浄する作用もあるので、お部屋に拡散すると花粉症や風邪の予防にもなります。

「ペパーミント」も鼻づまりに効果的です。
ミントのフレッシュな香りは、花粉症で頭がぼんやり重く感じる時にも脳を刺激しスッキリ爽快にしてくれますよ。

そして、「ティートリー」はユーカリと少し似たシャープな香りで、呼吸器系のトラブルを改善するほかに、強い殺菌力と免疫力をアップさせるので症状の緩和や予防に大変役立ちます。


*花粉症対策でのオススメの利用法*


① アロマディフューザーなどでお部屋に香らせる
抗菌、殺菌作用で空気をきれいにしながら、花粉症の予防や症状のケアも出来るます。

② マスクにアロマを垂らす
マスクに直接アロマをつけると、お肌への刺激が強くなるので、ティッシュペーパーやガーゼなどに垂らしてマスクにセットします。
もしくはアロマスプレーを作り、マスクに吹きかけると刺激が少なくケア出来ます。
外出先などいつでも使えるので作っておくととても便利ですよ♡

③ 吸入法でのケア
ティッシュやハンカチなどに1~3滴たらし、香りを積極的に吸い込む方法も効果的です。特にマグカップや洗面器にお湯を入れ、アロマを1~3滴垂らし蒸気と共に香りをゆっくり吸い込む蒸気吸入法は鼻、喉の粘膜から成分が取り込まれ、即効的に症状を緩和します。

<吸入法での注意>
必ず目を閉じて行います。
咳がひどい時や喘息の症状がある時は避けて下さい。
やけどに気をつけます。
マグカップのお湯を飲まないように注意して下さい。

④ 植物油に精油を混ぜたものを胸のあたりに塗る(1%濃度以下)
喉がいがらっぽい時や呼吸がしづらい時に塗ると楽になります。


どれも簡単にケア出来る方法です。
アロマで花粉症の時期を快適に過ごして下さいね。

-----------------------------------
日本アロママイスタースクール(JAM)は、
一般社団法人国際ボディトリートメント技術認定協会IBCA
公益社団法人日本アロマ環境協会AEAJの認定スクールです。
インストラクター、セラピストの資格取得が目指せます。
当スクールの「リンパ」+「アロマ」+「漢方」の稀少性が高い技術は、
多くのサロンで支持されています。
癒しサロンで活かせる技術を身に着けませんか?

日本アロママイスタースクール 講座一覧

スクールのことをもっと詳しく知りたい方は

  • 1分でできる!資料請求はこちらから1分でできる!資料請求はこちらから

    資料請求に申し込む

  • 無料説明会&施術体験はこちらから無料説明会&施術体験はこちらから

    無料説明会&施術体験に申し込む

お電話でのお問い合わせはこちらから

大阪梅田本校

0120-976-928

受付時間 : 11:00-20:00(火曜日休校)

神戸三宮校

0120-928-329

受付時間 : 11:00-20:00(火曜日休校)

新宿校

0120-900-914

受付時間 : 11:00-20:00(火曜日休校)