アロマで女性ホルモンを整える方法とは?|日本アロママイスタースクール

日本アロママイスタースクール

日本アロママイスタースクール(JAM)からの
最新情報

アロマで女性ホルモンを整える方法とは?


  • アロマで女性ホルモンを整える方法とは?をはてなブックマークに追加

アロマ(精油)を上手く活用することで、女性ホルモンを整えることができ、気になる不調の改善に役立ちます!

アロマで女性ホルモンを整える方法とは

女性は月経がスタートすると女性ホルモンのバランスによりひと月の間で体調の変化が見られます。

女性ホルモンのバランスが乱れると生理痛や生理不順、月経前症候群、更年期障害などの不調があらわれます。

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2つがあり、アロマ(精油)にはエストロゲンと似た作用(エストロゲン様作用)をもつ成分が含まれているものがあります。

それらを上手く活用することで、女性ホルモンを整えることができ気になる不調の改善に役立ちます。

では、女性ホルモンのバランスを整える代表的なアロマ(精油)をご紹介します。
女性ホルモンのバランスを整える代表的なアロマ(精油)
☆ クラリセージ
スクラレオールという成分が含まれており、女性ホルモン(エストロゲン)と似た働きをします。生理痛や生理不順、更年期障害など女性特有の症状の緩和に役立ちます。
また、鎮静作用に優れストレスを緩和し多幸感をもたらすと言われています。

※注意
妊娠中の使用は避けましょう。
車の運転など集中力を要する時は使用を避けましょう。


☆ ローズオットー
女性ホルモンバランスを調整し、子宮を強壮する作用があります。
女性特有の症状を緩和し、アンチエイジングなど美肌効果にも優れます。
精油の王様といわれ希少で高価ですが、昔から香水の原料に使われるなど女子力アップにオススメです。

※注意
妊娠初期の使用は避けましょう。
香りが強いので使用量に注意しましょう。


☆ ゼラニウム
ホルモン分泌を調整し女性特有の症状を緩和したり、自律神経のバランスも調整するのでストレスによる不調にも効果的です。
また、体液のバランスを整え余分な水分や老廃物を排出させるので、生理前~生理中のむくみ解消にも役立ちます。

☆ イランイラン
「β-カリオフィレン」という成分がエストロゲンの分泌を高め、ホルモンバランスを調整し女性特有の症状を緩和します。
気分をリラックスさせ、不安、緊張、パニックなどの精神的な不調にも役立ちます。

※注意
香りが強いので使用量に注意しましょう。
敏感肌の方は、低濃度から使用しましょう。
女性ホルモンのバランスを整えるアロマの利用法
① 芳香浴法
香りを嗅ぐだけでも、ダイレクトに脳に届きホルモンバランスを整えます。

・ティッシュやハンカチなどに1~2滴垂らし、香りを楽しむ。
・ディフューザーやアロマライトなどの器具を使って、お部屋に香りを拡散させる。(1~5滴まで)

② アロマバス
1日の疲れをとるバスタイムを利用して、ホルモンバランスだけでなくストレスも解消しましょう。
・天然塩大さじ1~2杯+お好きな精油5滴までを混ぜてお風呂に入れる。


ご紹介したアロマの中でも苦手な香りだと思うものは、ストレスにつながるので「好き!」と感じるものを使うようにしましょう。

-----------------------------------
日本アロママイスタースクール(JAM)は、
一般社団法人国際ボディトリートメント技術認定協会IBCA
公益社団法人日本アロマ環境協会AEAJの認定スクールです。
インストラクター、セラピストの資格取得が目指せます。
当スクールの「リンパ」+「アロマ」+「漢方」の稀少性が高い技術は、
多くのサロンで支持されています。
癒しサロンで活かせる技術を身に着けませんか?

日本アロママイスタースクール 講座一覧

スクールのことをもっと詳しく知りたい方は

  • 無料説明会&施術体験はこちらから無料説明会&施術体験はこちらから

    無料説明会&施術体験に申し込む

  • 1分でできる!資料請求はこちらから1分でできる!資料請求はこちらから

    資料請求に申し込む

お電話でのお問い合わせはこちらから

大阪梅田本校

0120-976-928

受付時間 : 11:00-20:00(火曜日休校)

神戸三宮校

0120-928-329

受付時間 : 11:00-20:00(火曜日休校)

新宿校

0120-900-914

受付時間 : 11:00-20:00(火曜日休校)